1. TOP
  2. 多系統萎縮症
  3. ボツリヌス療法(ボトックス注射)

ボツリヌス療法(ボトックス注射)

今日は往診でした。以前から勧められていた、ボツリヌス療法(ボトックス注射)、改めて今日説明を受けました。

母の左手は、筋肉が痙縮しており、ずっとギューッと強く握りしめたまま。広げようとすると痛がり、手の中には水虫も発生。そのため、最近は小さなタオルを丸めて、握ってもらってます。

肘も、動かさないままで、二の腕ぐらいの太さになっており、老廃物も溜まってるのか、押しても戻らない。すごい浮腫みです。見ていても辛い。

そういう人のための、療法だそうです。肘あたりに3箇所ぐらい筋肉注射をすれば、痙縮が軽減され痛みも和らぐそうです。手も広げられるようになると。だいたい3ヶ月は持つそうです。薬がきれるとまた痙縮が始まるので、3ヶ月ごとに注射をするそうです。

これから夏場になると手に汗もかき、ますます水虫も治りにくくなるので、した方がいいだろうと。というわけで、次回お願いする事にしました。