1. TOP
  2. おでかけ
  3. 原鉄道模型博物館に行ってきました

原鉄道模型博物館に行ってきました

原鉄道模型博物館

横浜にある「原鉄道模型博物館」です。大人の入場料が1000円とお高い・・んですが、気になってたので行ってきました。

原鉄道模型博物館

入場してすぐの電車の線画、素敵だなーと。

原鉄道模型博物館

D51の模型、大きいのから小さいのまで。模型の完成度が高すぎます。

原鉄道模型博物館

どうやってここまで細部まで本物に近い模型がつくれるんでしょうか。。すばらしいです。そして違いがよくわからない・・。

原鉄道模型博物館

電車がずらーっと。もっと小さいかと思ってたら、縮尺はけっこう大きめです。

原鉄道模型博物館

人生をかけてこんなに電車の模型を作るって、なぜ!としか思えませんが、ほんとに好きなんですね。世界の電車をみるために語学も堪能で、英語、ドイツ語、ロシア語を話せたとか・・あとまだあったような気がします。

原鉄道模型博物館

これはよく見ると電車がぶらさがっている!

原鉄道模型博物館

館内の模型ケースもアンティークでヨーロッパ調なのが素敵です。

原鉄道模型博物館

ドイツの街のジオラマ。こちらは電車が動く時間が決まっているようで、ちょうど動かしているときでした。ヨーロッパの古い街並は色がシンプルで好きです。日本てなんでこう統一感がないのかな、と残念に思ってしまいます。

原鉄道模型博物館

こちら横浜のジオラマコーナーです。スカイツリーもありました。

原鉄道模型博物館

夜になると星がキラっと現れます。

原鉄道模型博物館

館内最後の目玉と思われる、ジオラマ。お国の設定はどこなのかわからなかったけど、駅のホームにはいろいろなドラマがあって、全て手が込んでます。とおじさんがマイクでお話していました。

原鉄道模型博物館

私は模型が、小さなものが大好きで、できればこういう制作現場に加わってみたいです。

原鉄道模型博物館

時間帯によって、走らせる電車がさまざまです。次の○○電車は何時から〜とかアナウンスが入ります。

原鉄道模型博物館

電車音が、とにかく本物に近いのでビックリします。マニアックすぎますし、そこまで作り込めることが、ほんとに凄すぎます。どういう技術でここまで作れるんでしょうか。

うちの子は、結局最後は子供ルームにあったトーマスやパーシーのプラレールで遊んで満足していました。やっぱりまだトーマスとかの方が楽しいみたいです。ここのプラレール、全てトーマスシリーズで、フリンやメイビスなんかもあって、今まで行った電車の博物館の中で一番充実していたかも。

子供が小学生ぐらいになったらまた連れてきたいな〜なんて思えるところでした。