ペット可!象潟のホテル&コテージ潮さいに泊まって夏のレジャーを楽もう

象潟ホテル&コテージ潮さいのレビュー

日本海の海水浴では、南へいくほどに海が遠浅で透き通ってキレイなんです。今年は秋田の象潟、ホテル&コテージ潮さいの「コテージのぞみ(高台2Fタイプ)」へ2泊し、海水浴を楽しみました。ペットOKなコテージも2軒あり!そんな潮さいコテージの宿泊料金や設備の説明、5人で宿泊してみた感想などをレビューしますので、ぜひご旅行の参考にしてくださいね。

目次

ホテル&コテージ潮さいの宿泊料金

※料金は全て税込・光熱費込みです。

ペットが泊まれるのはコテージの平家(夕なぎ/あさひ)のみになります。

今回宿泊したのはコテージの「のぞみ」高台2Fタイプですが、他にもホテル、コテージ平家タイプ、Villa(ヴィラ)などがあります。

子供料金はないですよ〜

コテージの宿泊料金

スクロールできます
人数平家(草なぎ/夕なぎ)
4名まで
高台2F(のぞみ)
5名まで
平家(あさひ
10名まで
2名12,000円14,000円12,000円
3名15,000円17,000円14,000円
4名18,000円20,000円16,000円
5名23,000円5〜10名(3,500円×人数)
ペット夕なぎのみ1,500円×1,500円
喫煙××

宿泊料金は人数が増えるほど安くなるので、4〜5人でコテージ1棟を借りて、人数分で割った方が安いです。

今回、コテージのぞみに5人で2泊した料金です!

(5名)23,000円×2泊=合計46,000円(2泊で1人合計9,200円でした)

人数が多い方が割安ですね。

villaの宿泊料金

人数villa(2〜5名まで)
2名14,000円
3名17,000円
4名20,000円
5名23,000円
全て禁煙
villa(浜風)
  • 1階にソファーベット2つ
  • 2階にベット3つ
villa(鳥海)
  • 1階にソファーベット1つ、畳に布団1式
  • 2階にベット3つ

ホテルの宿泊料金

スクロールできます
人数ベッドタイプホテル(3名まで)
1名シングル4,950円
2名ツイン9,000円
3名洋室はツインベッド+ソファベッド
和室は布団3組
12,000円
全て禁煙

ホテルでは1泊2食付きプランもあり、長期滞在なども可能です。詳細は公式ホームページに紹介されています。

ホテル&コテージ潮さい(公式ホームページ)

ホテル&コテージ潮さいの設備

全館共通無料Wi-Fi
コテージと
villa
バス
温水シャワートイレ
エアコン
テレビ
冷蔵庫(氷は手動で作る)
洗濯機(1回の使用200円)
加湿空気清浄機
キッチン
調理器具一式
グラス、湯呑み、お皿、カトラリー
バスタオル
フェイスタオル
浴衣、歯ブラシ
リンスインシャンプー
ボティソープ
※5名以上はフェイスタオル、歯ブラシのみ
ホテルバストイレユニット(温水シャワートイレ)
エアコン
テレビ
小型冷蔵庫
加湿空気清浄機
バスタオル
フェイスタオル
浴衣、歯ブラシ
リンスインシャンプー
ボティソープ
※共用使用(洗濯機、乾燥機、電子レンジ、ポット

ホテルにはキッチンがないので、調理器具はもちろん、食器やカトラリーもありません。

ファミリーで利用するなら、コテージかvillaが別荘のように夏を過ごせます!

チェックイン・チェックアウト・支払い方法

チェックイン16:00
チェックアウト10:00
支払い方法現金(カードの場合は事前申告)
フロント営業時間7:00〜10:00/15:00〜21:00
ゴミの持ち帰り持ち込んだ食材、飲料などのゴミは全て持ち帰る
(市指定のゴミ袋をフロントで購入すればゴミを代行して捨ててくれる)
ペット同伴宿泊コテージ平家タイプ(夕なぎ/あさひ)は可
禁止バーベキューは禁止
敷地内へのゴミの放置禁止

コテージ高台2F(のぞみ)

コテージ高台2F(のぞみ)の外観

受付の道路を挟んで向かいの坂を登ると、本当に高台にありました!木々の向こう側が、海です。

コテージ高台2F(のぞみ)はここにポツンとあるだけで、他のコテージは見当たりません。

そしてこの高台にある周りの家々は普通の民家のようでした。

外のウッドデッキには木のテーブルと椅子がありました。夜はここでビール?にはなりませんでした。とにかく外に出ると一瞬で蚊に刺されます

コテージのぞみの設備1F

二段ベッド
ベッド3つ(移動可能)

帰り際に寝室を撮ったので、ベッドのシーツがヨレヨレですみません。初日はもちろんんピシッと整っていますのでご安心を。

寝室にはベッドが3つと二段ベッドがあり、子供たちのテンションMAXでした。

が、いざ寝るときになると、いつものようにお母さんと並んで寝たい・・ということで、3つのベッドをくっつけました。

大人1人が二段ベッドを使用してみましたが、音がギシギシとなるので、寝返ると少々音がしてうるさく感じるかもしれません。

また二段ベッドは、和の敷布団が1枚敷いているだけなので、ベッドの圧に慣れている方にはお尻が痛くなるかもしれません。

階段(エアコンの下がリビングルーム)

写真がないのですが、1Fには他に

  • トイレ
  • 洗面台
  • 浴室

があります。

トイレは1Fと2Fの両方にあります!

1Fが寝室なので、トイレが1Fにあって安心ですね。

1F寝室にもテレビがあります!こちらのコテージではテレビが合計3台ありました。

コテージのぞみの設備2F

オーブンレンジ、湯沸かしポット、炊飯器
グラス、カトラリー

1人暮らしでよく使うタイプのオーブンレンジなので、オーブン機能はほぼないです。

パンを焼きたいと思っても、こんがりトーストにはなりにくいです。

鍋、フライパン
お皿類
流し台
カトラリー

子供がパスタを食べるときに、こちらの引き出しにあった小さめフォークを使用しました。

電気の調理台
冷蔵庫は1人暮らしサイズ

冷蔵庫の上にはお茶セットがあり、6個ぐらい煎茶のティーパックが入っていたので、いただきました。

戸棚の中に、ラップもありました!

リビング(テレビ、ソファ、丸テーブル、エアコン、空気清浄機)
ダイニング(椅子6脚、壁にテレビ)

リビングでは、早速持参した任天堂スイッチをテレビに繋ぎ、大画面でゲームをすることができました。

リビングは子供たちに占領されてしまって、ソファでくつろぎながらゲームをしたり、iPadをしたりな空間になっていました。

コンセントも多めなので、iPadの充電、任天堂スイッチのアダプター、スマホの充電など、特に足りなくて困ることはなかったです。

2Fトイレ
ベランダ(海が見えますが木々が邪魔でした)

2Fリビングの奥にベランダがあり、テラスのようになっていますが、蚊が入ってくるのでほぼ使用せずでした。

ベランダから海がチラッと見えるんですが、このコテージの周りは松の木が何本もあり、非常にワサワサとしていて、広い海が見渡せるベランダとはちょっと違いました。

ベランダの目の前にある松の木を伐採した方が景色がよくなるんですが、そこは防砂林の役割でしょうか。

海が一望できないのが残念でした。

海をもっと近くに感じたい方は平家(草なぎ/夕なぎ)などもいいかもしれません。

海水浴を楽しんだ2泊3日の日程

今回のコテージに2泊したのは、海水浴を楽しむためには1泊だとキツイ、ということからでした。

2泊3日の旅のスケジュールを簡単に説明します。

1日目 象潟到着(11:00)
象潟うどん(冷)
醤油ラーメン

道の駅象潟「ねむの丘」へ到着。レストラン眺海で昼食を済ませました。

すぐに泳げるように、家から服の下に水着を着て行きました!

海水浴(14:00〜)

象潟海水浴場は道の駅から車であっという間です。

空いてます!穴場です。テントを張ったりして海水浴を楽しみました。

海でのテントはUV効果大のコールマン!
チェックイン(16:00)

水着のまま車で移動し、チェックイン。海水浴場からコテージの営業所までは車で3分ぐらいでした。

コテージの玄関脇に洗い場があるので、足の砂を洗い落として入りました。

子供たちからシャワーを浴びて、順にみんなくつろいで夕食の準備です。

夕飯はパスタを作ったり、枝豆(持参)をつまんだり、持ち込んだものを食べました。

2日目 道の駅象潟で昼食&買い出し(11:00)

早朝から雷雨で、今日は海水浴ムリか?と思いきや、晴れてきました。

牡蠣蕎麦1,000円

道の駅象潟には、お惣菜も豊富です。八百屋ではフルーツサンドもありますよ。

一番美味しかったのは、惣菜屋の「筋子おにぎり」です。あんまり美味しいので、最終日にも買って帰りました。

道の駅象潟で買ったもの

  • 焼きそば
  • 唐揚げ
  • おにぎり(海で食べる用)
  • 本荘ハムフライ(海で食べる用)

フードコートは迷うほどグルメがいっぱい

フードコートでは、うどん、蕎麦、ラーメン、パスタ、ピザ、本荘ハムフライバーガー、ステーキ、韓国料理、岩牡蠣(その場で食べる)、かき氷など、沢山あります!

お昼を食べていたら「超神ネイガー」が突然登場してイベントの宣伝なんかもしており、ステッカーをもらえました。

海水浴(13:00〜16:00)

買った荷物を一旦家に置いてから、水着に着替えて海水浴へGO!

象潟海水浴場

この日は曇り模様で、前日より気温が低いのでちょっぴり寒かったです。

夕食・宴会・就寝

17時頃に道の駅象潟へ行って、岩牡蠣を購入しました。(閉まる時間でギリギリセーフ)

象潟の岩牡蠣

サイズも大・中などありそれぞれ値段が違うんですが、思い切って「大きいサイズ1つ900円ぐらい」を頼んだら、もう終わる時間とあって700円にまけてくれました!!

ギリギリに行くといいことがあるかもしれませんし、売り切れていることもあります。

味はそれはもう、美味しすぎて!レモン汁もラップしてサービスしてもらえました。

チェックアウト(10:00)
レインボーかき氷

荷物が多くて片付けが大変!海水浴ともなると、浮き輪や生乾きの水着やタオルたちもありますし、何よりゴミや瓶、缶の量ですよね。

10:00には鍵を返して清算しました。

帰りにはまた、道の駅象潟へ行って、かき氷を食べたり、本荘ハムフライバーガーを買って帰りました。

本荘ハムフライなどの各飲食店は、開店が11:00でした。お惣菜屋や八百屋、かき氷、ソフトクリームはOPENしていましたよ。

コテージでトラブル発生

今回、泊まった翌日の早朝から雷雨だったのですが、朝6時頃だったでしょうか。

突然のピカッ!と同時にドーンと雷が近くに落ちました。明らかに、落ちた!とわかったほど。

そしてその瞬間から、ネットがつながらない!というトラブルが。

もしかして雷が落ちたせい?

しばらくして、営業所へ確認したところ、雷が落ちてモデムが焦げていましたと。日曜日だったので、NTTも来てくれないそうで、明日にならないと復旧しないそうです。

というわけで、2日目からは一日ネットが使えない状態だったのがツイてなかったです。

象潟で利用したい施設

道の駅象潟ねむの丘

館内には温泉もありますよ!

コテージからは車で5分ほど!温泉、飲食はもちろん、お土産コーナーも充実しています。

館内にはアウトドアブランドのモンベルのコーナーもあって、服や、アウトドアアイテムなんかも少しですが置いていました。

惣菜や野菜などの直売所は土日でも17時には閉まるので、早めにいろいろ買うのをおすすめします。

おすすめ

  • 夏の岩牡蠣(7月・8月)
  • 牡蠣蕎麦
  • 象潟うどん(ギバサ入り)
  • 本荘ハムフライ
  • 筋子おにぎり
  • イチジクソフトクリーム
  • イチジクのジャムや物産品
  • レインボーかき氷

「道の駅象潟ねむの丘」公式ホームページ

象潟海水浴場キャンプ場

海水浴場のエリアに、キャンプ場もあり、炊事場とトイレの設備があります。こちらはペット不可のようです。

海水浴場は、監視員がいますし、トイレもありますよ。駐車場も無料です。

海からる朝日を拝めるのは最高ですね。

象潟海水浴場キャンプ場

潮さいのコテージに滞在した感想

持参した方がよい物

5人以上はバスタオルが付いていません。

フェイスタオルも、ビジネスホテルにあるようなタイプではなく、銭湯で使うような薄いタオルでした。

4人までならバスタオルが付くようですが、洗うとすぐ乾かなかったりもするので、バスタオルは一応何枚かあった方がよいと思いました。

夏だから速攻乾くかなと思いきや、外に干せそうなところがないので、部屋の中で乾かしました。

洗濯機が有料だよ!

  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 蚊取り線香や、虫除けグッズ(外は蚊が多い!)
  • 洗濯洗剤(ジェルボールなど)
  • 洗濯機の使用の小銭(1回200円
  • 製氷器が小さすぎて足りないので、必要なら氷をスーパーで購入
  • 岩牡蠣をテイクアウトするなら、保冷剤とレモンが必要

コテージは清潔で新築

浴室や洗面台、トイレ、全てがキレイでほぼ新築なので気持ちがいいです。

海水浴を楽しむファミリーには楽しい夏の思い出が作れます。私たちも、雷が落ちましたが楽しめました!

食材は道の駅象潟やスーパーで

潮さいコテージの近くにはマックスバリュもあるので、家から持参しなくても、食材のお買い物はできます。

また、仁賀保のイチジクも有名で、イチジクのソフトクリームやジャム、お菓子、お土産品も道の駅で購入できます。

象潟の岩牡蠣、ぜひ食べて欲しいです。そして外せないのは、「筋子おにぎり」です。

道の駅で買った筋子おにぎりがあんまり美味しかったので、息子がワンモア!ということになり、後日市場に筋子を買いに行ったほどです。

villaや平家もよさそう

私たちの時はvillaが既に予約が埋まってしまっており、(実は本命はvillaだった)ご検討されている方は、villaもよいのでは、と思います。

平家(朝なぎ)の窓からは、漁港が目の前なので、おそらくサンセットも存分に一望できるのではと思います。

ペット同伴はコテージ2つに限られていますが、ペットも泊まれて海も牡蠣も楽しめて、素敵すぎます!

コロナの中で旅行となると、コテージ一棟に泊まれる方が安心なので、こういった施設がもっともっと増えるといいなあと思います。

皆さんも素敵な旅ができますように。Ciao!

ホテル&コテージ潮さい(公式ホームページ)

「道の駅象潟ねむの丘」公式ホームページ

象潟ホテル&コテージ潮さいのレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次