アトピー敏感肌や肌荒れには石鹸洗顔がおすすめな理由、低刺激石鹸の選び方

アトピー敏感肌や肌荒れには石鹸洗顔がおすすめな理由、低刺激石鹸の選び方

私は生まれつきアトピーで肌が薄く、刺激に弱い超敏感肌です。そのため、洗顔にはこれまで石鹸は乾燥する気がして避けていたのですが、そんなことはありません。むしろ石鹸洗顔の方が肌荒れしません!そんな石鹸洗顔について紹介します。

目次

敏感肌に石鹸洗顔がなぜいいのか

そもそも洗顔とは「肌の汚れを落とすのみ」これだけで十分なのに、保湿系の洗顔では、洗い上がりがしっとりする分、保湿成分が肌に残ってしまったりと、これが肌トラブルの元と考えます。

石鹸洗顔の目的

  • 汚れを落とすことが目的で潤いは与える必要はない
  • 肌に保湿などの油分が残らない
  • 化粧水が入りやすい
  • 肌が呼吸できる
  • 油性肌、混合肌、乾燥肌、敏感肌の肌タイプを選ばない

肌は、常に清潔に無垢の状態である方が健康的です。

石鹸というのは、汚れ落とすことだけが目的なので、肌に保湿成分が残ったりしませんし、脂質を奪ったりもしません。

そのため、洗い上がりはサッパリ!します。それが、肌の汚れが取れた、何もついていない状態で、肌にはとてもいいことなのです。石鹸は乾燥するのではなく、それが肌の素の状態、次のスキンケアがより発揮できる状態です。

洗顔フォーム(しっとりタイプ)などの場合、洗い上がりがしっとりしますし、何か油膜感、またはぬるつきが残っている感じがしたりします。これは、保湿成分が肌に残ってしまっているので、次に使うスキンケアが肌に浸透しにくいのです。また、肌荒れのほとんどは、この洗顔を石鹸にすることで治ったりします。私がそうでした。

若い頃から、メイク落とし&洗顔フォームのダブル洗顔でした。でもこのメイク落としで、何度も肌を擦り、肌の油分も落ちて乾燥が進みますし、次第に肌荒れします。

メイクも石鹸で落とせるものにしてしまおう!と決めました。

日焼け止めやメイクも石鹸で落とせるものにしてから、洗顔は石鹸のみ!で済むようになり、肌への負担は減りました。

まあ、単に私が面倒くさがりというのもあります。あれこれ肌につけると何か合わない時に、何が合わないのか分からなくて全部使えなくなるからです。

敏感肌向けの低刺激な石鹸の選び方

石鹸選びではちゃんと成分を見た方がよく、なるべく下記材料が無添加のものを選びましょう。

  • 香料
  • 着色料
  • 酸化防止剤
  • 合成界面活性剤

成分に、よくわからないカタカナがたくさん入っているものより、石ケン素地100%とだけ書かれているものは安心ですよ。

おすすめの低刺激の石鹸を紹介します

シャボン玉石鹸 無添加

このシャボン玉石鹸は、石ケン素地100%で無添加では有名です。赤ちゃんにももちろん、肌の弱い方には低刺激です。

成分を悩まずに買うなら、こちらはおすすめです。スーパーにも、ドラッグストアにも、だいたい置いてあるので手に入れやすいです。

カウブランド 無添加石鹸

カウブランド 無添加せっけん

釜焚き製法の石けん素地100%の無添加石鹸です。

泡立ちもよく、やさしい洗い上がりです。国産というのも安心ですね。こちらは、赤と青パッケージでお馴染みの牛乳石鹸で有名なブランドです。

松山油脂M-mark ラベンダーせっけん

松山油脂ラベンダーせっけん

昔ながらの釜焚き製法で百時間かけてつくられた石鹸です。このシリーズには、ラベンダーの他、ローズマリー、薄荷(ハッカ)などの香りを楽しめる商品があります。

M-markシリーズの石鹸では、ラベンダーせっけんがダントツで私のお気に入りです。

ラベンダーの香りが高品質と言ったらいいのか、パッケージを開けた瞬間から香り高く癒されます。石鹸が小さくなってきても香りは消えませんし、ラベンダーが好きでこれまで色々試したものの中では、リピート率が高い石鹸です。

太陽油脂 パックスナチュロン クリームソープ

太陽油脂パックスナチュロン クリームソープ

4種類のエッセンシャルオイル配合で香りを楽しめる石鹸です。

クリーミーな泡立ちで、しっとりします。

パックスナチュロンは、天然の植物油を主原料としてつくられおり、石油由来の合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、合成着色料無添加です。

こちらは、あまり見かけない商品だなと思いますが、LOFTで購入しました。香りもいいですし、肌にも問題なく使えました。

形がビーンズ型で、丸みがあって可愛らしいです。

ペリカン石鹸 釜焚き純植物無添加石けん

成分
  • 石ケン素地

こちらは泡立ちも良くモコモコになります。そして洗い上がりがさっぱりしっとり!です。

天然パームの純植物性石けん素地を原料としている、釜焚き製法による国産石鹸です。

酸化防止剤を使用していないので、酸素と触れないように窒素封入製法による包装とあります。

泡だてネットを使おう

石鹸は手で泡立てると、泡立ちが弱い泡のキメが荒い、など悩みが出てくると思います。

そんな時は、泡だてネットを使えば、簡単です。一瞬でいい仕事をしてくれます。

どんな石鹸でも、モコモコな泡を作ってくれるので、100円ショップで何個か買いだめしておくと、よいと思います。

肌を洗う時は、泡で洗う。これにつきます。肌をこすらずに傷つけずにすみます。

朝晩、洗顔を石鹸に変えてみよう

普段メイクをきちんとされているなら、石鹸だけだと落ちないですよね。

なので、まずはメイク落とし以外は、洗顔を石鹸洗顔にしてみるのがおすすめです。

  • 夜のメイク落としの後、石鹸洗顔
  • 朝も石鹸洗顔

これだけでも、だいぶ肌の感じは変わると思います。洗顔フォームに慣れている方は、最初は石鹸の洗い上がりがさっぱりとしているので、不安になるかもしれないのですが、慣れます。

赤ちゃんの肌がそうなように、本来は何もつけていない方が、肌はキレイで頑張ってくれますし、与えすぎがよくないのです。

でも40代、石鹸は乾燥するという方は、メイクを軽くしてみましょう!

石鹸でささっと短時間で落とす方が、よっぽど肌は乾燥しません。

私は石鹸洗顔にしてから、肌荒れをほとんどしなくなりました。

他にもスキンケアをシンプルにし、メイクもシンプルにしたのもあるかもしれませんが。

肌本来の力を発揮させるために、また肌がきちんと呼吸できるように整えてくれる、次のスキンケアと洗顔の成分が混じることもない、そういう安心感が石鹸にはあります。

アトピー敏感肌や肌荒れには石鹸洗顔がおすすめな理由、低刺激石鹸の選び方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる