石鹸で落とせる低刺激な日焼けどめ、実際に試した感想とおすすめ

石鹸で落とせる低刺激な日焼けどめ、実際に試した感想とおすすめ

敏感肌・アトピー肌・乾燥肌のため、毎日使う日焼け止めも肌に負担がなく石鹸で落とせるものが欲しい!と思い、実際に試してみたので、ご紹介します。

目次

ノブ UVミルクEX

ノブ UVミルクEX

年中使用しています!

  • SPF32 PA+++
  • ノンケミカル
  • 無香料・無着色・低刺激性
  • ヒアルロン酸NA配合
  • 35g

こちらは、とにかく軽い!つけ心地で、乳液のようです。伸びがいいので、スーッと伸ばすだけです。肌への負担は、何も感じません。

今まで色々試してきましたが、こんなに軽くて刺激がない日焼け止めは初めてです。

NOVに出会ってからは、日常用にこちらの「ノブ UVミルクEX」を愛用しています。

ここがポイント

  1. お湯で約80%はスルンと落ちる
  2. 残りは石鹸の泡でで10秒洗えばスッキリ
  3. 全く肌に負担を感じない
  4. 肌が敏感になっていてもつけられる

お湯そして石鹸でするっと落ちます。落としたあとの肌がごわつくようなことも、疲れた感じもありません。

お値段も敏感肌用で考えると安めだと思います。毎日使うなら、このぐらい肌に負担がないものの方が、肌も疲れません。

子供や男性にも肌に負担がなく、みずみずしくとても肌に優しい商品です。

敏感肌には、紫外線吸収剤不使用の方が、刺激はなく安心です。

ただ、お湯でも落ちるほど軽いので、海などのレジャーや、汗をかくなどのスポーツには不向きです。泣いてしまった時なども、顔に線ができてうっかりそのまま出かけられません。

ノブ UVシールドEX

高SPF!

  • SPF50+ PA+++
  • 紫外線吸収剤不使用
  • 無香料・無着色・低刺激性
  • ヒアルロン酸NA配合
  • ウォータープルーフタイプ
  • 30g

ノブ UV EXシリーズの「ノブ UVシールドEX」です。

ウォータープルーフタイプなのに石鹸で落とせますし、夏のレジャーや屋外で過ごすなら、こちらがおすすめです。

高いSPFでもキシむことがなく、クリームタイプですが、伸びはよく、重ね付けをしてもヨレたりしません。

「ノブ UVシールドEX SPF50+++」はウォータープルーフですが、絶対に汗や水で落ちないというわけではありません。プールに行った時につけましたが、強い水しぶきでは少し落ちてきました。上にのせるパウダーが汗水に強いタイプであれば、効果を発揮すると思います。

スハダモ パーフェクトUVカットジェル

赤ちゃんにも使える!

  • SPF50+ PA++++
  • ノンケミカル
  • ジェルタイプ
  • ウォータープルーフ
  • ベタつかない
  • 50g

「スハダモ パーフェクトUVカットジェル」は赤ちゃんにも使えるという低刺激な日焼け止めです。

日中使用してみましたが、つけ心地がとってもやさしいんです。

SPFが高いのにノンケミカルでウォータープルーフ、白くならず肌へも刺激がないという、アトピー敏感肌にとっても安心して使える日焼け止めです。

ウォータープルーフとあって、水に強いです。

落とすときは、石鹸1度洗いで洗い残した感はないですが、小鼻の周りが少し取れていない感じがしました。

1日つけていても肌が疲れず、肌荒れはもちろんしませんでした。

50gもあるのに、お値段が安い!

2022年の生協の宅配で知った商品です。ドラッグストアなどでは見かけないので、購入は公式オンラインサイトのみになるのかと思います。

Suhadamoシリーズのその他の商品もアトピー・敏感肌に良さそうなので、気になっています。

ビオデルマ フォトデルム UV スポット

高い保湿力!

  • SPF50+ PA++++
  • ノンケミカル
  • 色づきあり/なしの2タイプ
  • 無香料・無着色・エチルアルコール無添加・バラペン無添加
  • 保湿力がある
  • 30g

NOVよりも、ややこってりしています。

乾燥肌向けで、しっとりとツヤがでる、クリームの使用感です。

こちら長く愛用していましたが、NOVに出会ってからは、少し重く感じてしまいました。

ですがSPF50あるのに石鹸で落とせるとあって、長時間屋外で過ごす時など、頼りになります。

そして肌への圧迫感もなく、つけ心地はやさしく、潤いと保湿を充分に発揮してくれる秋冬向け商品です。

ビオデルマはフランスの化粧品会社ですが、素肌に近い成分でできる限り肌へ低刺激なやさしい成分で作られているブランドで、国内でも敏感肌用としてよく見かけます。

うっすら肌色タイプと、白色タイプがありますので、ご注意ください。肌色タイプは、うっすら肌をカバーしてくれます。基本的には日焼け止めは色づきだとムラができてしまうことがあるので、無色白色タイプの方が、個人的には使いやすいです。

マキアレイベル サンプロテクトUVジェル50+

ジェルでさっぱりめ!

  • SPF50+ PA++++
  • 紫外線吸収剤配合
  • 紫外線・近赤外線だけでなく埃・大気汚染までもブロックする
  • サラッとした仕上がりでレジャーや夏向け
  • 美容成分たっぷり配合

マキアレイベルの日焼け止めは、ジェル状で少量でもとても伸びがよく、つけたあともサラサラが持続します。

紫外線吸収剤配合なのに、アトピー・敏感肌でも大丈夫でした。

ジェル状の日焼け止めは新感覚ですね。

  • 重くない
  • つけている感じがしない
  • 白うきしない
  • 汗・水に強い

夏の海水浴や屋外でのレジャーで使用しましたが、火照ったり痒みが出たりしません。

シャイニーパウダー、ルミナスパウダーという2つのパウダーで毛穴の凸凹をフォーカスし、光を放って透明感をアップさせてくれます。

成分に、セラミドAP、セラミドNG、セラミドNPが入っているので、バリアが低下している敏感肌や乾燥肌でもきちんと保湿されます。

ただの日焼け止め対策としてではなく、保湿や肌補正機能もあって40代の私には頼りになります。

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

絶対焼かない!

  • SPF50+ PA++++
  • 紫外線吸収剤配合
  • よく振ってから使用する
  • 油膜感あり
  • 若干白くなる
  • 60mL

夏の海にはかかせない!

アネッサの「パーフェクトUV スキンケアミルクN」は、紫外線吸収剤配合ですが、敏感肌用とあって肌荒れはしません。

でも油膜感が多いので、後につけるファンデーションをのせづらいかなーと思います。

ウォータープルーフで振って使うタイプは、ゆるいテクスチャーが肌の隙間の隅々まで入り込むので、焼けないけど落ちにくいものがほとんどです。

石鹸だけで充分落ちるかというと・・う〜んといった感じですね。

肌にやさしいミルククレンジングでさっと落とした後に、石鹸でしっかり洗う方法をおすすめします。

アベンヌ アーバンプロテクション UV フェイス&ボディ

しっかり潤うけど・・

  • SPF50+ PA++++
  • 紫外線吸収剤配合
  • よく振ってから使用する
  • ウォータープルーフ
  • 油膜感あり
  • 40mL

痒くなった・・!

アベンヌの「アーバンプロテクション UV フェイス&ボディ」は、最初は問題なかったのですが、徐々にまぶたが痒い

これまで、日焼け止めで合わなかった場合はなぜか、まぶた(まつ毛の付け根や目尻など)が痒くなってしまいます。

肌に合わない場合は保存料の「ソルビン酸」が入っているのですが、こちらにも入っていました。

これまで、フランスやアメリカのコスメによく入っている「ソルビン酸」「ソルビン酸K」の化粧品はほとんど肌に合わなかったので、敏感肌用とうたっていても、日本人の肌タイプには合わないこともあると思います。

石鹸の2度洗いがベスト

石鹸では、1度では落ちにくいと感じました。ぬるつき(保湿)が残っていて、もう1度石鹸で落としてやっとスッキリしました。

ノンケミカル版は、パッケージがほぼ同じで「ミネラルフルイドUV」という商品があります。「ソルビン酸」なしなのでおそらくそちらは使えそうです。

SHIN PURETE パーフェクト UVミルク プロテクション a

天然由来成分100%

  • SPF50+ PA++++
  • ノンケミカル
  • よく振ってから使用する
  • クランベリー種子油やエーデルワイス花・葉エキスなどの保湿成分を配合
  • レモングラスの香り
  • 汗・水に強い
  • 30mL

こちらは、オーガニック化粧品でありながら、SPF・SPA値共に高い日焼け止めです。

サンダルウッドとレモングラスの香りで、つけた瞬間とても癒されます。乳液のようなミルクタイプのテクスチャーで、伸びがとてもよいです。

他のと比べて、若干白っぽくなる気がします。

オーガニック系の日焼け止めは、モロモロが出やすい印象があるのですが、こちらは肌に馴染みやすく、ヨレることもありません。オイルが細かなシワに入り込んでくれて、まんべんなくつけることができます。

油膜感があり、つけすぎると次にのせるファンデーションがのせづらいです。

顔・体用ですのでボディやデコルテなどにも使用できます。柑橘系の香りなので夏は虫除け効果もあったりして、なんて思います。

2022年おすすめ順/石鹸で落ちる日焼け止め比較

実際に試してみた日焼け止めの石鹸での落ちやすさ、SPFなどの特徴を比較にしました。

スクロールできます
日焼け止め特徴石鹸での落ちやすさ

ノブ UVミルクEX
SPF32 PA+++
ノンケミカル
乳液タイプ
軽い
汗・水に弱い



お湯で落ちる!

ノブ UVシールドEX
SPF50 PA+++
ノンケミカル
クリームタイプ
ウォータープルーフ

スハダモ パーフェクトUVカットジェル
スハダモ パーフェクト
UVカットジェル
SPF50+ PA++++
ノンケミカル
ウォータープルーフ
ジェルタイプ
ベタつかない
軽い



赤ちゃんにも!

マキアレイベル
サンプロテクト UVジェル50+
SPF50+ PA++++
紫外線吸収剤配合
ベタつかない
ジェルタイプ
汗・水に強い


ビオデルマ
フォトデルム UVスポット
SPF50+ PA++++
ノンケミカル
クリームタイプ
とてもしっとり
秋冬向け

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルクN
アネッサ パーフェクト
UV スキンケアミルク
SPF50+ PA++++
紫外線吸収剤配合
ウォータープルーフ
ゆるい
油膜感あり

アベンヌ アーバンプロテクション UV フェイス&ボディ
アベンヌ
アーバンプロテクション
UV フェイス&ボディ
SPF50+ PA++++
紫外線吸収剤配合(ノンケミカルタイプもあり)
ウォータープルーフ
ゆるい
油膜感あり



刺激あり(まぶたの痒み)

SHIN PURETE
パーフェクト UVミルク
プロテクション a
SPF50+ PA++++
ノンケミカル
オーガニック成分
油膜感あり
ゆるい
汗・水に強い

年中使う日焼け止めの選び方

  • SPF15〜35程度の日焼け止めは日常使い
  • SPF40〜50はスポーツや屋外レジャー用
  • 汗・水に強いものはウォータープルーフタイプ
  • 春・夏と、秋・冬用でさっぱりとしっとりを使い分ける
  • アトピー・敏感肌なら、ノンケミカルを選ぶ

アトピー・敏感肌におすすめの日焼け止め

「ノブ UVミルクEX」は一押しです!

アトピー敏感肌の私が日常使いしていて本当に出会ってよかった商品です。

平日は「ノブ UVミルクEX」の上にルースパウダーをはたいて終了です。

毎日メイク落としは肌の負担になるので、日焼け止めは肌に密着して落ちにくいものより、お湯で簡単に落とせるものがいいです。

実際、メイク落としをやめてからは、肌荒れがなくなりました。

シミソバカスは隠せませんが、火照りによる痒みで湿疹がでてこなくなりました。

肌は夕方になるとどうしても水分が蒸発して乾燥してきたり、朝ほどの潤いが感じられなくなりますが、NOVについては肌が疲れない、パリパリっとしない、夕方になっても普通に肌が柔らかいままです。

普段からSPF50は必要ないですし、冬は特にSPF30もあって肌に負担のないものがよいですね。

日焼け止めは毎年色々なブランドから新商品が出て試してみたくなりますが、自分の肌に合って長く使える安心のものを見つけて欲しいと思います。

石鹸で落とせる低刺激な日焼けどめ、実際に試した感想とおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次